個人情報保護のための行動指針

富士市民活動センター(以下総称して「当センター」)は、個人情報の保護を重要事項として位置づけ、「個人情報保護のための行動方針」を以下の通り定め実施に努めます。

1.個人データの取り扱いに関する内部規程の整備

当センターは、個人データの取り扱いに関する内部規程を整備し、個人データの取り扱いについて明確な方針を示し、個人情報の紛失、破壊、漏えいを予防します。

2.適切な情報セキュリティ対策の実施

当センターは、個人情報の安全管理のために、個人情報を含む情報へのアクセス制限を設け、外部からの不正なアクセスの防止のための措置やその他の必要かつ適切な措置を講じます。

3.個人情報の適切な取得、利用、提供等

当センターは、事業内容に応じた、個人情報の取得、利用、提供にあたっては、当センターが定めた規定に従い適切に取り扱います。

 

4.権限の尊重

当センターは、個人情報時関する個人の権利を尊重し、当センターの個人情報開示等請求書に記入のうえ、自己の個人情報について開示、訂正、削除を求められたときは、社会通念や慣行に照らし適切に対応します。

 

5.法令・規範の遵守

当センターは、個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守し、職員全員が個人情報保護の重要性を理解し、適切な取り扱い方法を実施します。

 

6.社員教育の強化

当センターは、上記1〜5の行動指針を維持継続するために個人情報の取り扱いに関する資料を作成し、職員全員に配布するとともに、最低1年に1回は職員全員を対象に個人情報保護に関する研修を実施します。

広告